固体レーザ

YAGとは、イットリビウム(Y)とアルミニウム(Al)の複合酸化物(Y3AL5O12)から組成される
ガーネット(G)構造の結晶で近赤外線の波長(1064nm)を発振するレーザ媒体である。

YAGレーザ

【 YAGレーザの特長 】

YAGレーザは、波長は近赤外線の1064nmは、金属による吸収率が高いため、
金属材料の溶接加工に多く利用されている。
更に、CO2レーザでは比較的難しいとされていたアルミニウムの溶接加工も
行うことができるため、バッテリーの封止溶接などの場で活躍をしている。

また、発振形態(励起方式やQスイッチ方式など)の種類が豊富でによりレーザ発振器の
設計範囲が広い。
そのため、YAGレーザは、熱加工であるレーザ溶接用途から
熱損傷を低く抑えたい微細加工用途まで幅広く利用されている。

【 光学系 】

近赤外線の波長では、一般の光学ガラスや石英ガラスに対し、十分透過するため、
光学系を安価に組むことができる。

また、ファイバー伝送も可能であり、加工用途に幅広く対応することができる。

pagetop