固体レーザ

YAGレーザレーザやYVO4レーザの近赤外線1064nmを“基本波”と呼び、
その波長を1/2(SHG: 532nm)に波長変換したレーザが第2高調波レーザと呼ばれるグリーンの可視光レーザとなる。
さらに、紫外線領域に入る11/3(THG: 355nm)に波長変換したレーザを
第3高調波レーザと呼び、1/4(FHG: 266nm)に波長変換したレーザを第4高調波レーザと呼ぶ。

高調波レーザ

波長変換は非線形光学結晶による非線形光学効果を利用して行われ、結晶の温度やレーザ光の
入射条件などで変換効率が決まる。

特に紫外線のレーザ光を発振する第3、第4高調波レーザの場合、変換効率を上げるための
企業努力がなされているが、基本的にはレーザ光を集光して非線形結晶に入射させる場合が多い。

この場合、非線形結晶の入射面を焼いてしまう(加工してしまう)という問題を引き起こし、
レーザ出力低下を招く結果となる。

非線形結晶は高価なため、その寿命がランニングコストに大きな影響を及ぼす。
非線形結晶が焼けないことが理想的であり、非線形結晶の“焼け”対策をどのように
対処しているかが重要といえる。

レーザ発振器の特長は、パルス発振方式で高いビーム品質を誇り、安定した出力発振をするため
微細な加工に最適といえる。
実際に、可視光以下の波長が利用されているレーザ加工市場では、そのほとんどを高調波レーザ
が占めている。

pagetop