• HOME
  • >
  • レーザ加工相談のポイント

レーザ加工相談のポイント

レーザ加工はどこで試せる?

① レーザ加工の実験現場

  ※レーザ発振器を所有しているかがポイント
  ※熱加工であれば、レーザ発振器の出力
  ※非熱加工であれば、レーザの種類(波長、出力、パルス幅、繰り返し周波数)

② レーザ加工は試さないとわからない

③ レーザ加工の実験はどこで試す?

④ レーザ加工に対する要求仕様を明確に!

詳細

加工相談のポイントは?

① 材料

② 加工径

③ 加工タクト

詳細

加工品質を求めると装置価格が上がる?

① 熱加工と非熱加工の違い

② 熱加工の場合

③ 非熱加工の場合

詳細

加工タクトの検証ができない。さて、どうする?

① まずは、レーザと材料の関係を。

② 光学系によるタクト計算

③ 周辺機器によるタクト計算

詳細

ベストな加工装置と誰が決める?

① ユーザの要求を満たしているか?

② レーザ違えば加工は異なる

③ 光学系違えばタクトが異なる

④ 最後は、アイデアである。

詳細

レーザ加工で失敗したと考えるのはなぜ?

① 試したところが悪かった。

② 情報不足

③ まずは、お試しを!

詳細

pagetop